読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

amarron2’s blog

linuxや資格関係の記事を書きます。基本自分用のメモです。

102-1. シェル、スクリプト、およびデータ管理

  1. シェル環境のカスタマイズと使用
    • 変数は、環境変数とシェル変数の2種類
    • 「set」コマンドで変数の確認が出来る
      • set:環境変数、シェル変数一覧表示
      • set -o:設定されているオプション一覧表示
      • set +o オプション名:オプションを有効
      • set -o オプション名:オプションを無効
    • 「alias」コマンドでエイリアスを設定できる(alias ls='ls -l')
    • 「function」コマンドで独自の関数を定義できる
    • bashの設定ファイルに設定を書き込むと自動でsetやalias、function等の設定が有効になる
  2. 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する
    • 「source シェル名」でシェルを実行できる(「source」は「.」でも実行可能)
    • testで条件式(「test 条件式」は、「[条件式]」と同じ)
    • if,case,for,while,read等の構文がある
  3. SQLデータ管理
    • 表の操作には「DDL」と「DML」がある
      • DDL(Data Definition Language):データ定義(CREATE,DROP,ALTER等)
      • DML(Data Manipulation Language):データ操作(SELECT,INSERT等)

1. シェル環境のカスタマイズと使用

環境変数とシェル変数

  • シェルは、ユーザー毎に異なる環境を用意できる
  • 変数は、環境変数とシェル変数の2種類がある
    • 環境変数:シェル自身とそのシェルから起動される全てのプロセスで有効(PATH,HOME等(printenvコマンドで確認出来る))
    • シェル変数:そのシェル内のみで有効(setコマンドで環境変数とシェル変数が確認できる)

シェルのオプション

  • シェルには様々なオプション機能があり、「set」コマンドオプションをオン(+)・オフ(-)に切り替えが出来る
    • 「set」コマンドのみで実行すると変数一覧が表示される
    • 「set -o」で実行すると変数に対するオプションのオン・オフ一覧が表示される

set [-o][+o] オプション

オプション 説明
allexport 作成・変更した変数を自動的にエクスポート
emacs emacsキーバインド
ignoreeof Ctrl+Dでログアウトしない
noclobber 出力リダイレクトを禁止(「set -C」でも実行可)
noglob メタキャラを使ったファイル展開を無効
vi vi風キーバインド
メタキャラを禁止した例)
[vagrant@localhost lpic]$ ls *.txt
hoge.txt  hoge2.txt  hoge3.txt
[vagrant@localhost lpic]$ set -o noglob
[vagrant@localhost lpic]$ ls *.txt
ls: cannot access *.txt: そのようなファイルやディレクトリはありません
[vagrant@localhost lpic]$ 

エイリアス

  • エイリアスとは、コマンドに別名つけたりコマンドとオプションをひとまとめにして新しいコマンドのようしたりできる
    • 「alias」コマンドでエイリアスを作成できる
    • 「unalias」コマンドでエイリアスを解除できる
    • 一時的にエイリアスを使用しないで実行したい場合、「\」をつけて実行する
エイリアスの使用例)
[vagrant@localhost lpic]$ alias ls='ls -l'
[vagrant@localhost lpic]$ ls
合計 4
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant 9  7月 22 10:20 2015 hoge.txt
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant 0 8月  5 03:49 2015 hoge2.txt
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant 0 8月  5 03:49 2015 hoge3.txt
[vagrant@localhost lpic]$ \ls
hoge.txt  hoge2.txt  hoge3.txt
[vagrant@localhost lpic]$ unalias ls
[vagrant@localhost lpic]$ ls
hoge.txt  hoge2.txt  hoge3.txt
[vagrant@localhost lpic]$ 

関数の定義

  • 「function」コマンドを使うと、bashシェル上で利用できる独自の関数を定義できる
    • 「{」の後と「}」の前には空白が必要
    • 引数を利用する場合、「$1」で利用できる
  • 「declare -f」コマンドで関数のみを表示できる
  • 「unset」コマンドで関数を削除出来る

function 関数名() { コマンド; }

関数の利用例)
[vagrant@localhost lpic]$ declare -f
[vagrant@localhost lpic]$ function lslink() { ls -l $1 | grep '^l'; }
[vagrant@localhost lpic]$ declare -f
lslink () 
{ 
    ls -l -l $1 | grep '^l'
}
[vagrant@localhost lpic]$ ls -l lpic2
lrwxrwxrwx 1 vagrant vagrant 19 8月  5 04:25 2015 lpic2 -> /home/vagrant/lpic2
[vagrant@localhost lpic]$ lslink ~/lpic/
lrwxrwxrwx 1 vagrant vagrant 19 8月  5 04:25 2015 lpic2 -> /home/vagrant/lpic2
[vagrant@localhost lpic]$ unset lslink
[vagrant@localhost lpic]$ declare -f
[vagrant@localhost lpic]$ 

bashの設定ファイル

  • シェルを起動するたびに、環境変数エイリアス、関数などを定義するのは非効率
  • bashの設定ファイルを利用することで、これらの定義を自動化できる
ファイル 説明
/etc/profile ログイン時に実行(全ユーザーの環境変数シェルスクリプトを設定)
~/.bash_profile ログイン時に実行(自分用の環境変数シェルスクリプトを設定)
~/.bash_login ログイン時に実行(bash_profileがない場合)
~/.profile ログイン時に実行(bash_profile、bash_loginがない場合)
~/.bashrc bash起動時に実行(自分用のaliasの設定等)
~/.bash_logout ログアウト時に実行

2. 簡単なスクリプトをカスタマイズまたは作成する


シェルスクリプトの基礎

  • 「source」コマンドでシェルを実行できる(「source」は「.」でも実行可能)
    • ファイルに実行権限をつけると「source」コマンドを使わくてもコマンドのみで実行できる
  • bash用のシェルファイルは文頭に「#!/bin/bash」と宣言する

source シェル名

シェル(lsld)の事項例
[vagrant@localhost lpic]$ ls -l
合計 12
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant    9  7月 22 10:20 2015 hoge.txt
drwxrwxr-x 2 vagrant vagrant 4096 8月  5 05:14 2015 hogeDir
lrwxrwxrwx 1 vagrant vagrant   19 8月  5 04:25 2015 lpic2 -> /home/vagrant/lpic2
-rw-rw-r-- 1 vagrant vagrant   89 8月  5 05:12 2015 lsld
[vagrant@localhost lpic]$ cat lsld 
ls -l $1 > lslink
echo "Link Files"
grep '^l' lslink
echo "Directories"
grep '^d' lslink
[vagrant@localhost lpic]$ . lsld .   // sourceコマンドを処略して実行
Link Files
lrwxrwxrwx 1 vagrant vagrant   19 8月  5 04:25 2015 lpic2 -> /home/vagrant/lpic2
Directories
drwxrwxr-x 2 vagrant vagrant 4096 8月  5 05:14 2015 hogeDir
[vagrant@localhost lpic]$ chmod a+x lsld 
[vagrant@localhost lpic]$ ./lsld  // コマンドのみで実行
Link Files
lrwxrwxrwx 1 vagrant vagrant   19 8月  5 04:25 2015 lpic2 -> /home/vagrant/lpic2
Directories
drwxrwxr-x 2 vagrant vagrant 4096 8月  5 05:14 2015 hogeDir
[vagrant@localhost lpic]$ 
[vagrant@localhost lpic]$ 

引数

変数名 説明
$0 シェルスクリプト自身の名前※
$1...9 1〜9番目の引数
$# 引数の数
$@ すべての引数.(スペース区切り)
$* すべての引数(環境変数IFSで指定した区切り)

※.コマンドとして実行した場合はシェルスクリプト名、 シェルで実行した場合シェル名(bashなど)

使用例)
[vagrant@localhost lpic]$ echo 'echo $0; echo $1; echo $2; echo $#;' > testargs;chmod a+x testargs;
[vagrant@localhost lpic]$./testargs arg1 // コマンドとして実行
./testargs
arg1

1
[vagrant@localhost lpic]$
[vagrant@localhost lpic]$ . testargs arg1 // シェルで実行 
-bash


0
[vagrant@localhost lpic]$  

test

条件式の書式)
test 条件文
または
[ 条件文 ]
分類 主な条件式 実行結果 備考
ファイル形式 -f ファイル名 ファイルがあれば真 実行権有りは-x、書き込み権有りは-w
-d ディレクトリ名 ディレクトリがあれば真
ファイル1 -nt ファイル2 ファイル1の更新日が、ファイル2より新しければ真 -nt → is newer than
ファイル1 -ot ファイル2 ファイル2の更新日が、ファイル1より新しければ真 -ot → is older than
数値 数値1 -eq 数値2 数値1 == 数値2 -eq → equal
数値1 -ne 数値2 数値1 != 数値2 -ne → not equal
数値1 -ge 数値2 数値1 >= 数値2 -ge → greater than or equal
数値1 -gt 数値2 数値1 > 数値2 -gt → greater than
数値1 -le 数値2 数値1 <= 数値2 -le → less than or equal
数値1 -lt 数値2 数値1 < 数値2 -lt → less than
文字列 -n 文字列 文字列の長さが0より大きければ真
-z 文字列 文字列の長さが0であれば真
文字列1 = 文字列2 等しければ真(==ではない)
文字列1 != 文字列2 異なれば真
論理結合 !条件 真→偽、偽→真
条件1 -a 条件2 and
条件1 -o 条件2 or

if

書式)
if 条件式
    then
        実行文
    else
        実行文
fi
実行例)
[vagrant@localhost lpic]$ cat iftest1.sh
if test -f testscript
 then
  source ./testscript
 else
  echo "testscript file not exist"
fi
[vagrant@localhost lpic]$ ls ./testscript
ls: cannot access ./testscript: そのようなファイルやディレクトリはありません
[vagrant@localhost lpic]$ ./iftest1.sh 
testscript file not exist
[vagrant@localhost lpic]$ 

case

書式)
case 式 in
    値1)
        実行文
    値N)
        実行文
esac

for

書式)
for 変数名 in 変数に代入する値のリスト
    do
        実行文
    done
実行例)
[vagrant@localhost lpic]$ cat fortest1.sh 
for var in Vine SUSE Gentoo
 do
  echo $var Linux
 done
[vagrant@localhost lpic]$ ./fortest1.sh 
Vine Linux
SUSE Linux
Gentoo Linux
[vagrant@localhost lpic]$ 

while

書式)
while 条件式
    do
        実行文
    done

read

  • 標準入力から入力を受け付ける
実行例)
[vagrant@localhost lpic]$ cat readtest.sh 
echo -n "Who are you? : "
read username
echo "Hello, $username!"
[vagrant@localhost lpic]$ ./readtest.sh 
Who are you? : Kinopio
Hello, Kinopio!
[vagrant@localhost lpic]$ 

3. SQLデータ管理

  • データを表計算ソフトのような表(テーブル)に保存出来る
    • 表自体は、テーブル
    • 表の縦列は、フィールド
    • 表の横列は、レコード
    • 表の項目名は、カラム
  • 表の操作には「DDL」と「DML」がある
    • DDL(Data Definition Language):データ定義(CREATE,DROP,ALTER等)
    • DML(Data Manipulation Language):データ操作(SELECT,INSERT等)

DML

「SELECT」文でレコードを参照

SELECT カラム名 FROM テーブル名

  • 「WHERE 条件」で参照するレコードを絞れる
  • 「ORDER BY カラム名」で表示順を指定できる
  • 「GROUP BY カラム名」でグループ化できる
  • 「JOIN」でテーブルを結合できる

「INSERT」文でレコードを追加

INSERT INTO テーブル名(カラム名,カラム名...) VALUES (値,値...)

「UPDATE」文でレコードを更新

UPDATE テーブル名 SET カラム名=値, カラム名=値...

  • 「WHERE 条件」で更新するレコードを絞れる

「DELETE」文でレコードを削除

DELETE FROM テーブル名

  • 「WHERE 条件」で削除するレコードを絞れる

おまけ

既存シェル変数を実行時に利用したくない場合

  • 実行時だけ既に$VARが指定してあって環境変数を指定したくない時は「変数名=初期値 . 実行シェル」
$ VAR=HOGE!
$ echo $VAR
HOGE!
$ cat hoge.sh
#!/bash/bin
VAR=hogehoge
echo $VAR
$ VAR='' . hoge.sh
hogehoge
$ echo $VAR
HOGE!

使用した教材

LPIC101,102